「ほっ」と。キャンペーン

あらかじめ決めとけば良かった


by eyvktgoj

会社の引越しを手伝いました

会社が事務所を引越すという事で、私も手伝いました。とはいえ、作業場と事務所と、二つ借りている部屋を一つにするだけで、ほんの数メートル先の部屋に事務所を移転するだけの話です。しかしオフィス家具というのは重いものが多く、部屋を移動させるだけでもかなり骨がおれました。

かつ作業テーブル等もいくつもあり、作業場に事務所を設置するのに、配置等も考えなければならず、何度もやりなおしたので、引越しが終わった時には、全身汗だくとなってしまいました。しかしその後、部長が飲みをおごってくれたのでよしとします。一汗かいた後のビールが美味しいという印象が一番残った引越しでした。

私の引越し歴を数えてみると、幼いころの貸家・公営住宅・両親が建てたマイホーム・高卒後の住み込みの新聞販売店・浪人時代の下宿・大学の寮、就職時に移り住んだアパート・結婚して妻と住んだアパート・現在のマイホームとそれなりに住処は変わっていますが、考えてみると純然とした1人暮らしをしたのは、就職時に借りたアパートのみで、期間にすると約5カ月ほどであることに、今更ながらですが気づいたところです。

学生時代もは寮生活だったので、いつでも誰か仲間が周りにおりました。現在は家族とともに暮らしており、一人暮らしになるということは想像もつきません。いいのか悪いのか分かりませんが。
[PR]
by eyvktgoj | 2014-08-06 11:05