あらかじめ決めとけば良かった


by eyvktgoj
私は以前の引っ越しでは両親から服の整理をして欲しいと頼まれて、服の荷造りを行ったことがあります。自分の服と両親の服を担当していたのですが、想像していたよりも服の数が多くてビックリした記憶があります。ファッションに凝っているわけではないので、服の数なんてたかが知れているだろうと思っていただけに予想外でした。

服を畳んでダンボールに詰めるという作業の繰り返しで、終わるころにはかなりへとへとになっていました。服を整理するだけなので簡単だろうと安請け合いしてしまった自分が腹立たしくなりました。次からは気をつけようと思います。

幼い頃の引越しの思い出といえば、社宅から新築一戸建ての際に多くの親戚に手伝っていただけたというのがあります。当時の私はまだ幼稚園に通っている時で、引越しにおける戦力には全くなりませんでした。

しかし叔父や叔母、祖母や祖父などは皆とても手際が良く、冷蔵庫を窓から吊るして運んでいるのを見て、素直に凄いと感心した記憶があります。このように多くの親戚に手伝っていただけることは、非常に嬉しいことだと思います。ですから大人になった私も、親戚との付き合いはきちんと行うようにしていますし、これからも相互扶助の精神で付き合いたいです。
[PR]
# by eyvktgoj | 2014-09-02 09:29

引越しは段取り大切

引越し作業は何かと大変なので段取りが大切です。効率よく作業や手続きを進めないと余計に疲れてしまいます。私自身何回か引越しをしていくうちに段取りの組み方などのコツをつかんできたと思います。

まず何をするかをリストアップしてスケジュールを組みます。住所変更などの手続きは厳密な日でなくてもできるので、それほど意識しなくてもいいと思います。一番重要な荷物を運ぶ日から逆算して見積もりをとったり、引越し用具を手配したりするスケジュールを組んで、準備したりしていくとスムーズにいくと思います。

一つ一つできればチェックしてき漏れがないようにしていくと気持ちも時間も余裕を持って引越しできると思います。

引越しをした際には多くの方がこれまでに引越し業者を利用されてきたと思います。ですが、その際に引越し料金を節約しようと思ったという方はあまりいないと思います。

それはどうしてかというと、引越し自体頻繁に行うものではないのであまり引越し料金について考える機会がないからです。ですが、今の時代は引越し料金も安くする時代です。

そのために便利なのが引越し業者の比較サイトを利用する事です。そうすれば簡単にどこの引越し業者を利用すれば安く引越しができるかすぐに分かります。

特に長距離の引越しは高額になるので、是非使ってくださいね!あと長距離の引越しで気を付ける事は、自動車の運搬も料金はバカになりませんね!ですから、これまで引越し料金の節約を考えた事がないという人も今後は上記のようなサイトを利用される事をおすすめします。
[PR]
# by eyvktgoj | 2014-08-07 08:24
会社が事務所を引越すという事で、私も手伝いました。とはいえ、作業場と事務所と、二つ借りている部屋を一つにするだけで、ほんの数メートル先の部屋に事務所を移転するだけの話です。しかしオフィス家具というのは重いものが多く、部屋を移動させるだけでもかなり骨がおれました。

かつ作業テーブル等もいくつもあり、作業場に事務所を設置するのに、配置等も考えなければならず、何度もやりなおしたので、引越しが終わった時には、全身汗だくとなってしまいました。しかしその後、部長が飲みをおごってくれたのでよしとします。一汗かいた後のビールが美味しいという印象が一番残った引越しでした。

私の引越し歴を数えてみると、幼いころの貸家・公営住宅・両親が建てたマイホーム・高卒後の住み込みの新聞販売店・浪人時代の下宿・大学の寮、就職時に移り住んだアパート・結婚して妻と住んだアパート・現在のマイホームとそれなりに住処は変わっていますが、考えてみると純然とした1人暮らしをしたのは、就職時に借りたアパートのみで、期間にすると約5カ月ほどであることに、今更ながらですが気づいたところです。

学生時代もは寮生活だったので、いつでも誰か仲間が周りにおりました。現在は家族とともに暮らしており、一人暮らしになるということは想像もつきません。いいのか悪いのか分かりませんが。
[PR]
# by eyvktgoj | 2014-08-06 11:05
引っ越してから3か月が経ちました。振り返ってみれば、今回の引っ越しが一番スムーズだったかと思います。実家を出て一人暮らし→結婚し現在に至りますが、過去に4回の引っ越しを経験しています。

だんだんコツがわかってくるというか、同じ梱包作業でも、段取り良くできるようになってくるんですね。

今回の引っ越しは、二人分の荷物だったにもかかわらず、段ボールに荷造りを始めたのは引っ越しの前々日。それでも十分に間に合いました。

ポイントは、段ボールの側面に何を詰めたか、しっかり書き込むことです。引っ越し屋のスタッフさんに見えてしまうので少々恥ずかしいですが、細かく全部書いておくことで引っ越し後のストレスが軽減されます!

彼女と付き合って結構経つので、一緒に暮らせるところに引越しをしようと、部屋探しをすることになりました。早速不動産会社に行って条件を話しをして何件かピックアップしてもらいました。ただ、実際に見積もりを取ってもらうとなかなかの金額です。敷金だけでなく礼金とかもろもろあって、一気にお金がなくなると思ったので、引越しは自分達でしようと話しをしました。部屋を決めていざ引越しを開始しました。自分たちでするといったのですが、これが中々大変でした。今の家と新しい家を何回も往復してなんとか終えたときにはもう体力が残っていませんでした。新居の1日目なのに、寝るだけで終わった感じがしました。今度引越しをすることがあれば良く考えようと思いました。
[PR]
# by eyvktgoj | 2014-08-05 18:59
私の現在住んでいるアパートは、月の半ばの計算で賃貸契約をしているので、今回新しく借りた引越し先と2週間のずれがあるのです。なので、両方のアパートを借りている期間が十分にあるのでゆっくり引越し作業を進めることができます。

なので、友人にも依頼せず自分で車に詰め込める分だけ入れて移動するという、マイペースな引越し作業をしました。積み込みも降ろす作業も自分一人なので相当な疲労度が蓄積しますが、時間に追われない分だけとても楽なのです。

使わない家財道具も粗大ゴミとして処分するまでの期間があったので、大幅に減らす事ができました。

引越しというとすごく煩わしくて大変だという思いもありますが、その反面新生活への期待もあり、どちらかというと大変だという思いより、ワクワク感のほうが勝るような気がします。

特に私の場合は今まで引越しをするたび便利な場所へと移動していることもあり、それだけですごく喜ばしいことだなと思います。

そして引越し当日の作業を終えた後には、新しい住居での整理整頓、インテリアや家具の配置などを考えるのもまた楽しい作業です。とはいえ特に私はセンスがあるほうではないため、なかなか思うように自分の理想の空間は作り出せないのが難点です。
[PR]
# by eyvktgoj | 2014-08-04 08:25